トップページ > アラカルト > 四季のおとない11月

四季のおとない 11月


かぶ

 春の七草では『すずな』と呼ばれ親しまれてきたかぶは、ヨーロッパでは紀元前、日本へは弥生時代に中国から伝わったとされるほど古く、長い歴史の中で多くの品種が生まれ現在では日本全国で80種類以上も栽培されています。
かぶには2つの分類方法があります。
1つ目は大きさによる分類で子かぶ・中かぶ・大かぶの3種類があります。
2つ目は原産地による分類でアジア型とヨーロッパ型の小かぶです。
かぶは根と葉の部分で栄養素が違う野菜です。
根は淡色野菜でビタミンCやデンプン分解酵素のアミラーゼを含みます。
葉の部分は緑黄色野菜で、葉は根の4倍近いビタミンCを含み、カロチンやカルシウム、食物繊維も豊富です。
かぶは甘味がありますので、お漬物や酢の物、あとシチューなんかに入れても美味しいです。
葉は、栄養たっぷりなので、捨てずに味噌汁の具や塩漬け、炒め物にして食べましょう。


百合根

 ユリ根は名前の通りユリの花の根(球根)の事を言います。
全てのユリの球根が食べられるわけでなく、食用となっているのは小鬼ゆりや鬼ゆり、山ゆりなどの、球根(鱗茎)に苦味が少なくて甘味がある品種です。
10月から入荷が増え始め正月用の食材として12月頃にピークを迎える百合根は、北海道産が中心で主に関西地方で利用されることが多く茶わん蒸しや正月料理などには欠かせない食材です。