【申込み締切】2021.2.13 (土) 「おうち時間を楽しもう!~土佐文旦のティラミスレッスン~」 | 高知野菜・果物を食べよう!

メインメニュー

【申込み締切】2021.2.13 (土) 「おうち時間を楽しもう!~土佐文旦のティラミスレッスン~」

土佐文旦のティラミスレッスン

実施概要

高知野菜・果物を食べよう!では自宅から
参加できる高知野菜を使ったオンラインレッスンを開催します。
大好評につき4回目の開催となります。

今回は土佐文旦を使ったデザートに挑戦します。
2/13が「土佐文旦の日」にちなみ土佐文旦のティラミスを作ります。
バレンタインデーの前日なのでチョコレートの
代わりに土佐文旦ティラミスをプレゼントしませんか?

当日レッスンに使用する土佐文旦等の準備物は事前に
こちらよりお送りさせていただきますので気軽にご参加ください。

プチセミナーでは土佐文旦の生産者の方に現地から参加していただき
土佐文旦の生産について教えていただきます。

日時

2021年2月13日(土)11:00~(1時間半程度予定)

募集人数

15名(先着順)
参加人数に達した場合キャンセル待ちでのご案内になります。

募集締切

1月22日(金)まで

参加費

無料(高知野菜についてのアンケートの回答をお願いしています)

講師

野口 知恵氏
管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ

料理メニュー

土佐文旦のティラミス

開催方法

ZOOMミーティングにて開催いたします。
参加者には事務局よりご案内するURLよりご参加ください

ご準備いただくもの

土佐文旦以外の材料、調理道具
参加者にはレシピ、詳しい準備物等改めてご連絡差し上げます。

参加条件

          • 当日カメラをオンにして一緒に調理できる方

(見るだけのご参加、顔が映りたくない方はご遠慮ください)

                • こちらから送付するサンプルを前日までにに受け取れる方
                • ZOOMを使う環境(パソコン、スマホ等)をお持ちの方

(アプリ等のダウンロードが必要になります)

                      • 国内在住の方

注意事項

                      • 土佐文旦などの野菜はサンプルとして提供させていただきますが
                        その他の準備物(調味料)についてはご準備お願いします。
                        (参加者には詳しくお知らせします)
                      • 高知野菜・果物を食べよう!のSNSや農協の広報誌にイベント内容(お顔の映像を含む)が掲載される場合がございます。
                      • 土佐文旦のサンプルを送付するために個人情報をお伺いしますがサンプルの送付以外には使用しません。
                      • 当日、無断キャンセルされる方は今後のイベント参加をお断りさせていただく事があります
                      • お子様と一緒に参加していただくことは可能ですが大人のペースで進めさせていただきます。
                      • 高知県の野菜についてのイメージやイベントの感想のアンケートの回答をご協力お願いします。

参加申し込み

こちらからお申込みください。
参加申し込み締切1月22日(金)

こちらからお送りする申込み完了メールをもって応募完了となります。
3日間経ってもメールが届かない場合は再度お申込みお願い致します。
(年末年始<12/30~1/4>の間のお申込みは1/5以降にご連絡差し上げます。)

今までの参加者からデザート作りをやってほしいという意見を
たくさん頂戴し今回開催が実現することができました
みなさまのご参加お待ちしております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

イベント情報, ブログ

「【申込み締切】2021.2.13 (土) 「おうち時間を楽しもう!~土佐文旦のティラミスレッスン~」」へのコメント(1件)

  1. 三浦智子 より

    よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>