アラカルト












 四季のおとない 7月

大地太陽からの贈りもの
            それが私たちの


とうもろこし
          『とうもろこし』
栄養、ビタミンが多く一番おいしい季節は6月〜9月の
夏場です。
さまざまな品種がありますが「とうもろこし」といえば
スイートコーンが有名です。
スイートコーンはコーンスープやコーンフレークなど
の加工食品用の材料にもなりますし私たちに一番な
じみ深い品種です。
とうもろこしはひげが多いほど多くの実が付いていま
すのでひげの多いものを選んでください。
皮の緑色が薄くなったものは避けます。
むいてある場合は粒がそろい、指で押すとへこむくら
いが食べ頃です。
とうもろこしは鮮度が落ちるのが早いので、生での保
存はやめましょう。
買ったその日のうちに茹でてから、1本ずつラップす
ることで2〜3日なら冷蔵庫で保存出来ます。
長期保存の場合は、茹でてから冷凍庫で保存しま
す。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
米・麦と並ぶ世界三大穀物の一つと言われます。

枝豆
            『枝豆』
枝豆は、通年出回っていますが、旬はビールがおい
しくなる7〜8月です。
枝豆は大豆の未熟豆のことをいい十分に熟していな
いぶん、豆と野菜の両方の栄養的特徴をもっていま
す。
豆特有の栄養素としてはタンパク質、ビタミン類(ビタ
ミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6)、ミネラル類(カル
シウム、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛)、食物繊
維を多く含んでおり、ビタミンB1は糖質をエネルギー
に変え、体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、代謝を
促す効果があります。
大豆には含まれていない野菜の栄養素としてはビタ
ミンA、ビタミンCなどです。
枝豆のタンパク質にあるメチオニンはビタミンB1、ビ
タミンCとともにアルコールの分解を助け、肝機能の
負担を軽くしますのでビールと枝豆の組み合わせは
大変よいと言えます。
良い枝豆の選びかたは皮付きで皮の緑色が濃いも
のほど新鮮で、豆が大きく、サヤがふくらんでいるも
のを選んでください。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
江戸時代では現在のように枝からサヤを外した状態ではなく枝が付いたままの状態で茹でたものが売られていたそうで枝付き豆または枝成り豆と呼ばれたのが名前の由来になっているそうです。

|ページTOPへ△|


Copyright(C)2006 大阪中央青果株式会社 all Rights Reserved