アラカルト












 四季のおとない 6月

大地太陽からの贈りもの
            それが私たちの


           『南高梅』
春の訪れを感じさせる梅の花や、梅酒、梅干などで
日本人に馴染みの深い梅は、原産地は中国、バラ
科サクラ属の落葉高木で、観賞用に育成された品種
を『花梅』、食用に育成された品種を『実梅』といいま
す。
実梅は、梅干しなどに向く『漬け梅』や梅酒等に最適
な『青梅』があり日本人の生活に根づいた食べ物で
す。
品種は大変多く実ウメだけで、約100種以上あると言
われますが、現在、全国的に栽培されている品種は
わずかで、ほとんどが地方品種であり、関東地方の
『玉英』『白加賀』『養老』、北陸地方の『藤五郎』『藤
之梅』『紅映』『剣先』、東北地方の『豊後』『高田梅』、
関西では、梅の収穫量日本一の産地である和歌山
の、『古城』『南高』が有名で、今では『梅といえば南
高梅』と言われるほど、全国的に知られた梅の最優
良品種となっています。
南高梅は、樹勢強健、豊産で梅酒、梅ジュース用の
青梅として、また、梅干し用の漬け梅としても適して
おり、果実が大きく果肉が厚くて柔らかく、梅の実に
美しい紅をさすのが特徴です。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
梅は酸っぱいので酸性食品と思われていますが、アルカリ食品です。

山椒
          『山椒の実』
山椒はミカン科の落葉低木で実や葉にさわやかで強
い芳香とピリッとした辛味があり、和食には欠かすこ
とのできない『香味料』の一つです。
主な産地は和歌山、兵庫、岐阜、滋賀になります。
中でも和歌山は収穫量が全国の70%以上を占めて
います。
山椒には『木の芽』『花山椒』『実山椒』『粉山椒』そし
て『辛皮』などがあります。
『木の芽』は山椒の若葉のことで、緑が鮮やかで懐
石料理などの彩りとして添えられ、また吸い口として
用いられます。
『花山椒』は山椒の花のことをいい、緑黄色で小さく
香りがよいので、吸い口や天盛りなどに使われま
す。
『実山椒』は名前のとおり山椒の実のことで、実が青
いので『青山椒』とも呼ばれています。
『粉山椒』は皆さんご存知の鰻の蒲焼に添えられる
香味料で、熟した山椒の実の皮の乾燥粉末ことを言
います。
『辛皮』は若い小枝の皮で香辛料や薬用に利用され
ます。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
日本料理の二大香辛料とされています。

らっきょう
          『らっきょう』
らっきょうはネギの仲間としては辛さも香りも独特
で、カレーライスの薬味で知られる甘酢漬けなどが
有名です。
その他には、一般の家庭であまりされませんが煮物
などもおいしく癖がないニンニクのようで甘味があり
ホクホクして栗や芋のような味わいです。
たまねぎやにんにくなどと同じ香りや成分を含んで
いるらっきょうは、ビタミンB1の吸収を助け疲労回復
効果、炭水化物の代謝を活発にする働きや血液を
サラサラにして血の塊を作りにくくすることで心筋梗
塞や脳卒中の予防にもなります。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
『洗いらっきょう』と『土らっきょう(根付き)』の違いについて。
『洗いらっきょう』はすぐに漬けられるようにらっきょうの根と茎の部分をキレイに切り落とし、薄皮も取り除き、薄い塩水で洗ったものです。
『土らっきょう(根付き)』は葉を切り落としただけのものです。

さくらんぼ
          『さくらんぼ』
初夏の果物と言えばサクランボ、サクランボはその
可愛らしい見た目と甘酸っぱい味で人気のフルーツ
です。
栽培されているサクランボには2種あり生食向きの
甘果桜桃とケーキや果実酒向きの酸果桜桃があり
日本では甘果桜桃を中心に栽培されています。
現在の主な産地としては山形県で、全国の60%近く
を生産しています。
サクランボには、主成分であるブドウ糖、カリウム、
鉄、リンなどのミネラル成分や、カロチン、ビタミンB
1、B2、Cなどが含まれています。
サクランボに含まれるカリウムは高血圧予防に、鉄
分やカロチンは疲れ目や肌荒れに、バランスよく含
まれているミネラルやビタミン類は疲労回復に効果
があります。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
アメリカンチェリーの果汁には、歯垢の形成を阻害して虫歯を予防する成分が含まれています。

西瓜
            『西瓜』
春先から市場に出回る熊本産の西瓜と入れ替わる
ように6月の上旬頃から店頭に並びはじめる鳥取西
瓜。
鳥取の特産品である『スイカ』は、全国4位の出荷量
があり鳥取県は、西日本を代表する西瓜の産地で
す。
鳥取中部・西部の大山山麓の『黒ボク』と呼ばれる豊
かな土壌で栽培された鳥取西瓜は大玉で外皮が厚
く水分が豊富で、とても甘くて、シャキシャキとした歯
ざわりが特徴です。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
西瓜の名の由来は…中国では西から伝わったので西瓜(シィグァ)と呼ばれ、それが日本にそのまま伝えられ、転じて『スイカ』となったといわれています。

紅小玉
        『和歌山の紅小玉』
小玉スイカの主な品種は紅小玉、スマートボール、
黒小玉、ひとりじめ、肥後手毬などがあります。
その中でも『紅小玉』という品種はもっともポピュラー
で人気の高い品種です。
紅小玉西瓜の主な産地は熊本、和歌山などで、5月
は熊本産、6月は和歌山産が中心になります。
6月頃に旬を迎える和歌山の紅小玉は、完熟すると
実がピンク色になり糖度が12度から13度と高く、普
通のすいかより甘くて、果肉内に種が少ないのが特
徴です。
紅小玉は、実は丸く重さが2キロ前後と小さく、外皮
は3mmぐらいで極めて薄いので大きさの割に食べ
るところが多いのも魅力です。
小さいですが、美味しさがギュッと凝縮されてる紅小
玉をぜひ一度どうぞ!!
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
おいしいスイカの見分け方は叩いた音がポンポンと響く物がオススメです。
鈍くボンボンという音は、中が熟れすぎているか、中の実が崩れているのでやめましょう。

|ページTOPへ△|


Copyright(C)2006 大阪中央青果株式会社 all Rights Reserved