アラカルト












 四季のおとない 5月

大地太陽からの贈りもの
            それが私たちの


そらまめ
          『そらまめ』
春の訪れを感じさせてくれる味覚『ソラマメ』。
4月〜5月頃に旬を迎えることから、四月豆あるいは
五月豆と呼ばれたり、九州では唐豆、山陰では夏
豆、関西の奈良では大和豆などいろいろな名前で呼
ばれています。
品種は、現在では大粒の大粒種(一寸ソラマメ)が
主流となっています。
主な産地は、鹿児島県(国内では一番の収穫量)で
12月〜5月頃、4月頃からそのほかの愛媛・香川・
島根・鳥取・和歌山・福井などの産地も増え始めま
す。
北アフリカが原産だとされているソラマメは、世界最
古の農産物のひとつで、エジプトでは4000年前か
ら、日本へは天平(736年)の奈良時代にインドの僧
が来日した際にソラマメを贈り兵庫県武庫村で試作
されたとされています。
『おいしいのは収穫してから3日』と言われるほどお
いしい時期が短く、サヤから出して空気に触れると一
気に鮮度が落ちるため、サヤつきのものを買い茹で
る直前にサヤから出すようにし、出来るだけ買ったそ
の日に食べるのがおいしく食べるコツです。
ビールのおつまみとして人気のあるソラマメは、独特
の甘みが特徴で栄養バランス(糖質・タンパク質・食
物繊維が豊富に含まれ、中でもビタミンB2含有量は
豆類でトップクラス)がよく、特に疲労回復に最適の
野菜です。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
ソラマメの名前の由来は、空に向かって実がなるために『空豆』と名付けられました。またサヤの形が蚕に似ていることから『蚕豆』と書かれています。

クインシーメロン
     『茨城のクインシーメロン』
果肉の色で『赤肉系』、『青肉系』、『白肉系』に分か
れているメロン。
赤肉は夕張メロンやクインシーメロンが有名で、青肉
はアールスメロンやアンデスメロン、白肉はホームラ
ンメロンなどが知られています。
その他にもメロンの表面に網目模様が有るか無いか
で『ネット系』、『ノーネット系』に分かれています。
その中でも今回は『赤肉系ネットメロン』である茨城
県のクインシーメロンを紹介します。
クインシーメロンは、全国有数のメロンの産地である
茨城県の旭村で生まれた『赤肉系ネットメロン』で茨
城県はクインシーメロンの生産量が全国一になりま
す。
クインシーメロンは果肉が厚く緻密で、濃厚な甘み
があるわりに低カロリー、肉色はサーモンピンクで美
しいのが特徴です。
クインシーの特徴の一つである濃厚な甘みには秘密
があり茨城のメロンはミツバチによる自然交配を行う
事で人の手で交配させるよりもメロンが甘くなるそう
です。
果肉のサーモンピンクの色はカロテンの色で人参や
南瓜よりも、数倍多くのカロテンが含まれています。
他にもメロン特有の栄養として、ビタミンCや、体力の
基本となる糖分、血圧を下げるカリウムもたっぷり含
んでいます。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
クインシーメロンの名前の由来は、赤肉なので女性的ということで『クイーン』、カロテンたっぷりで健康的なので『ヘルシー』、この二語からの造語です。

ハウス西瓜
       『熊本のハウス西瓜』
  『熊本のハウス西瓜を切ってみました』
西瓜といえば夏のイメージですが、熊本のハウス西
瓜は出荷も早く、5月頃に旬を迎えます。
夏に食べる露地栽培の西瓜よりもハウス西瓜は味
がしっかりし甘みも強くシャリシャリした食感が特徴
です。
食欲のないときや疲労回復によい西瓜は水分が多く
ビタミン類(B1,B2,C)やカリウムが豊富で、利尿
作用も高く、健康や美容によいフルーツです。
この時期のハウス西瓜は特にオススメなので、ぜひ
一度食べてみてください!!

↑画像をクリックすると拡大します

豆知識
西瓜の名の由来は…中国では西から伝わったので西瓜(シィグァ)と呼ばれ、それが日本にそのまま伝えられ、転じて『スイカ』となったといわれています。

キングデラ
      『山梨の温室キングデラ』
1976年に大阪府の育種家中村弘道氏が、デラウェ
アの改良種である『レッドパール』と『マスカット・オ
プ・アレキサンドリア』を交配、育成した品種で『デラ
ウエア』を大きくした外観からその名前がつけられま
した。
1枝にわずか2房しか実をつけないキングデラは、露
地栽培が難しいためハウス栽培がほとんどで、生産
が難しいため生産量・生産者、共に少なく、大変希少
なぶどうです。
果粒の大きさは4g前後でデラウェアの約2倍、糖度・
酸味ともにしっかりとした濃厚な味が特徴です。
食べ頃は『デラウエア』より10日程遅い8月上旬〜8
月中旬頃になりますが、ハウス栽培された物は5月
が一番美味しい時期になります。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
1985年に品種登録され、山梨県が力を入れている品種。
施設栽培の大半を山梨県が占めています。

|ページTOPへ△|


Copyright(C)2006 大阪中央青果株式会社 all Rights Reserved