アラカルト












 四季のおとない 4月

大地太陽からの贈りもの
            それが私たちの


    『鹿児島の蒲生(かもう)の筍』
 筍は日本では古くから食され、その独特の旨み、
香り、コリコリ感から現在では日本料理、中国料理
などでよく使われる春を代表する食材の一つです。
70種類程ある筍ですが、一般的に食べられる筍は
孟宗竹(モウソウチクの若芽)が中心で、その他に
真竹(マダケ)や淡竹(ハチク)なども食用として栽培
されています。
筍と言えば朝掘りと言う言葉をよく耳にします、なぜ
朝掘りがよいのかと言われると筍が日に当たると乾
燥して味が落ちるので薄暗い早朝の筍が土の中に
あるうちに掘ることで味が落ちることを防ぎ、アクによ
る苦味・渋み・えぐみが一番少ない状態で収穫でき
るからです。
筍は鮮度が落ちるのが早く、昔から「筍を掘りはじめ
たら、お湯を沸かしておけ」と言われるほど、手早く
下湯でをしてアクを抜き、新鮮さを保つ処理が大切
です。
筍ご飯や酢豚に使われる筍は美味しいだけでなく豊
富なタンパク質、ビタミンB1、B2、ミネラルなど美容
によい栄養を含み、食物繊維も豊富で便秘や大腸
がんなどの予防、コレステロールの吸収を防ぐ働き
などもあるとてもヘルシーな健康食品です。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
--豆知識その1-----------------麻竹(マチク)という品種の筍を蒸して塩漬けにし、乳酸発酵後、天日乾燥させたものを戻して調味したものがラーメンによく使われるメンマになります。
--豆知識その2-----------------筍という字は筍が地上に芽を出してから10日(=旬)で竹になることから筍という字になったそうです。

マンゴー
           『マンゴー』
        『太陽のタマゴ』
マンゴーは、ウルシ科の果樹で、インド地方が原産
地と考えられています。
マンゴーの歴史は古く、インドでは約4000年前か
ら、日本では明治時代から栽培されていました。
長い歴史の中で、それぞれの地域でさまざまな品種
が作られてきた為に現在では200〜500の品種が
あるとされています。
日本で最も一般的な品種は、アーウィン種(アップル
マンゴー)で、日本(主産地→宮崎・鹿児島・沖縄)で
栽培されているマンゴーの殆どがこの品種です。
マンゴーは卵形で皮が赤くオレンジ色の果肉にはた
っぷりマンゴーの果汁が含まれており一口食べると
濃厚な甘さと、とろけるような食感が人気です。
造血作用のある葉酸を多く含むマンゴーは貧血予防
や母乳の出をよくする効果がありますので産後のお
母さんの栄養補給にもオススメの果物です。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
--豆知識その1-----------------マンゴーで有名な宮崎県産の『太陽のタマゴ』は、糖度15度以上・1玉350g以上・色が鮮紅色と厳しい審査を通ったものだけが『太陽のタマゴ』として売り出されます。
--豆知識その2-----------------マンゴーは世界三大美果の1つに数えられている果物です。

びわ
     『長崎県の甘香(あまか)』
初夏のフルーツと言えば『びわ』、『びわ』といって
も、様々な種類があります。
茂木(もぎ)、白茂木(しろもぎ)、長崎早生(ながさき
わせ)、田中(たなか)、甘香(あまか)、涼風(すずか
ぜ)、瑞穂(みずほ)、その他などがあります。
その中でも今回は『甘香』を紹介したいと思います。
びわは、千葉県(南房総市)、長崎県、鹿児島県など
の暖かい気候の土地で栽培されています。
特に長崎のびわは、江戸時代から栽培され生産量
は日本一の産地で『甘香』も長崎県の商品です。
びわは露地栽培が中心ですが、『甘香』はハウスで
大切に栽培され、何度も選別し手間暇かけた実は
『甘香 あまか』ブランドとして販売されています。
甘香は『白びわ』と『瑞穂』を交配して生まれたもの
で、正式な品種名は『福原早生』といいます。
甘香は、白びわの果肉が柔らかく肉質の良いところ
と、瑞穂の特徴である大玉(平均80gで通常のびわ
の2倍)を受け継いだ上に糖度が高く果汁たっぷりで
す。
↑画像をクリックすると拡大します
豆知識
食べるところが少ないイメージのびわですが実際は『可食率』(皮や種をのぞいた食べられる部位の比率)が65%〜70%と高く、バナナよりも食べるところが多い果物です。

|ページTOPへ△|


Copyright(C)2006 大阪中央青果株式会社 all Rights Reserved